ホームページへ戻る

NPO法人 百年の森づくりの会
〒330-0063
さいたま市浦和区高砂三丁目12-9
  農林会館地下1階
TEL/FAX:048-831-1469
メール:info@100nen-forest.org



               百年の森Books



主な内容
10年誌「樹還」の刊行にあたって
ほか
資料編
資料T 会報「百年の森」
資料U 総会記録講演
資料V 埼大エコサロン活動記録
資料W 会員数推移
資料X 【事業報告書】より

百年の森づくりの会十年の記録
「 樹 還 」

私達は、「水を育む山への恩返し」を目的に、荒川最大の水源林「和名倉山」のスズタケが密生する道なき道を切り開き、朽ち果てた仁田小屋を再建し、そこを基地に昭和39年の山火事で焼失した400haの旧大滝村村有林に、ブナやミズナラなどの落葉広葉樹を植えてまいりました。私達の活動に啓発されて県立高校の同窓会、企業、各種団体および個人が森づくりに取り組み、「百年の森づくり運動」はさらに広がろうとしています。

このたび、私達の積み重ねてきた活動の集大成として、念願の10年誌『樹還』を発刊する運びとなりました。苦節10年様々な困難がありましたが、最初の難関を突破できましたのは、偏に会員の皆様の深いご理解と暖かいご支援の賜物と心より厚く御礼申し上げます。また、活動の原資となる浄財を折に触れご提供いただきました企業、各種団体、個人各位に対しましても深甚なる感謝を申し上げます。

ご希望の方は事務局までお申し込みください
     事務局 TEL/FAX048-831-1469
                   メール:info@100nen-forest.org



目次
1]日本人と木
2]日本人と「やま(山)」
3]森林と水
4]地球環境と森林
5]日本の林業
6]木材と私たちの生活
7]森林(自然)との共生
8]森林と川・海とのつながり
9]生命を育む木
10]平地林


「森林環境概論」
著者 小室正人

                 ()埼玉県緑化推進委員会専務理事
                            埼玉大学非常勤講師
                            NPO百年の森づくりの会常務理事

埼玉県西部に位置する秩父地域は、首都圏の水需要の重要水源地として近年ますますその重要性が高まってきている。その水源は、14千ヘクタールにも及ぶ広大な原生林に抱かれている。そこにはその森を敬い、残していこうと、何代にもわたって山を守るため、日本古来から「山部」「山守部」と呼ばれる山の役人の組織があった。彼らは、エアコンの効いた部屋の中で、デパートで買い求めたカブトムシを飼う子どもたちに、本当の自然の楽しさ、優しさ、力強さ、そして厳しさを知ってもらいたいと心から願っている。命が、自然の恩恵に育てられ、自然に還り、そしてまた再生する様子を実際に見て触れて体感してほしいと願っている。

 
定価 1,000 (送料込み)  
 ご希望の方は事務局までお申し込みください
     事務局 TEL/FAX048-831-1469

                   メール:info@100nen-forest.org


ミズナラの赤ちゃんの育て方

PDFファイル サイズ 248KB  


牛乳パックを使ったドングリ苗の育て方

PDFファイル サイズ 105KB   


ホームページへ戻る